簡易帰化申請(在日韓国人、日本人の配偶者の外国人)について(静岡県)

簡易帰化申請(在日韓国人、日本人の配偶者の外国人)について(静岡県)

簡易帰化とは、在日韓国人・朝鮮人(特別永住者)の方や、日本人と結婚している外国人が該当します。

しかし、あくまで帰化要件のハードルが下がっているだけであり、書類上の手続きは通常の帰化申請と変わりません。

簡易帰化のケース

①日本国民であった者の子(養子を除く)で、引き続き3年以上日本に住所・居所を有する者

例)両親が外国に帰化し、申請者本人も外国籍となっている場合です。

両親は外国籍を取得する以前は、日本人であったため、申請者は「日本国民であった者の子」に該当し、引き続き3年以上日本に住むことで帰化申請の要件をクリアします。

そのため一般的な外国人の帰化申請(普通帰化)の5年の住居要件が緩和されますので、能力要件素行要件生計要件思想要件を満たしていれば許可要件が帰化申請が可能です。(普通帰化の要件はこちらを参照

 

②日本で生まれた者で引き続き3年以上日本に居所・住所を有し又はその父母(養父母を除く)が日本で生まれた者

日本で生まれた在日韓国人、朝鮮人の方がこのケースに該当します。

そのため一般的な外国人の帰化申請(普通帰化)の5年の住居要件が緩和されますので、能力要件素行要件生計要件思想要件を満たしていれば許可要件が帰化申請が可能です。(普通帰化の要件はこちらを参照

 

③引き続き10年以上日本に居所を有する者

②と同様に在日韓国人、朝鮮人の多くがこちらに該当します。

また、一般の外国人でも10年以上日本で生活している方は、一年以上の就労経験があれば帰化要件をクリアします。(住居要件の例外規定)

そのため一般的な外国人の帰化申請(普通帰化)の5年の住居要件が緩和されますので、能力要件素行要件生計要件喪失要件思想要件を満たしていれば許可要件が帰化申請が可能です。(普通帰化の要件はこちらを参照

 

④日本国民の配偶者たる外国人で引き続き3年以上日本に住所・居所を有し、かつ、現に日本に住所を有する者

日本人と結婚している外国人が該当します。

仮に日本に3年以上住んでいる場合には、日本人と結婚した時点で帰化要件を満たします。

この場合、住居要件能力要件が緩和されますので、引き続き5年以上日本に住んでいなくてもよく、20歳未満の未成年であっても素行要件生計要件喪失要件思想要件を満たしている者は帰化申請が可能です。

⑤日本国民の配偶者たる外国人で婚姻の日から3年を経過し、かつ、引き続き1年以上日本に住所を有する者

④と同様に日本人と結婚している外国人が該当します。

例)外国で結婚生活を送っていたが、その後日本に夫婦で来日して1年以上住んでいる場合です。

この場合、住居要件能力要件が緩和されますので、引き続き5年以上日本に住んでいなくてもよく、20歳未満の未成年であっても素行要件生計要件喪失要件思想要件を満たしている者は帰化申請が可能です。

 

⑥日本国民の子(養子を除く)で日本に住所を有する者

例)先に両親だけ帰化して日本国籍を取得し、子供が後々帰化申請をする場合です。

または、日本人の子であるが、日本国籍を選ばなかった者が、後に帰化申請をする場合も該当します。

この場合、住居要件能力要件生計要件が緩和されますので、引き続き5年以上日本に住んでいなくてもよく、20歳未満の未成年であっても、継続した安定的な収入がない場合でも素行要件喪失要件思想要件を満たしている者は帰化申請が可能です。

 

⑦日本国民の養子で、引き続き1年以上日本に住所を有し、かつ、縁組時に未成年であった者

例)申請者が未成年の時に親の再婚等により連れ子として日本に来た外国人で、来日時の義理の父(母)と養子縁組をした場合が該当します。

この場合、住居要件能力要件生計要件が緩和されますので、引き続き5年以上日本に住んでいなくてもよく、20歳未満の未成年であっても、継続した安定的な収入がない場合でも素行要件喪失要件思想要件を満たしている者は帰化申請が可能です。

 

⑧日本の国籍を失った人(日本に帰化した後に日本の国籍を失った者を除く)で日本に住所を有する外国人

外国籍になった外国人が、再度日本国籍を取得する場合が該当します。

(猫ひろしがカンボジア国籍から日本国籍に戻る場合にはこのケースとなりそうです)

この場合、住居要件能力要件生計要件が緩和されますので、引き続き5年以上日本に住んでいなくてもよく、20歳未満の未成年であっても、継続した安定的な収入がない場合でも素行要件喪失要件思想要件を満たしている者は帰化申請が可能です。

 

⑨日本で生まれ、かつ、出生時から国籍を有しない者で、引き続き3年以上日本に住所を有する者

この場合、住居要件能力要件生計要件が緩和されますので、引き続き5年以上日本に住んでいなくてもよく、20歳未満の未成年であっても、継続した安定的な収入がない場合でも素行要件喪失要件思想要件を満たしている者は帰化申請が可能です。

 

こちらのページをご覧の方はこのページもチェックしています。

お問い合わせについて

Translate »