行商の際の許可証の携帯

行商の際の許可証の携帯

法第11条には、古物商および代理人等の許可証または行商従業者症の携帯義務等について定められております。

法第11条

古物商は、行商をし、または競り売りをするときは、許可証を携帯していなければならない。

古物商は、その代理人、使用人その他の従業者(以下「代理人等」)に行商をさせるときは、当該代理人等に、国家公安委員会規則で定める様式の行商従業者証を携帯させなければならない。

古物商またはその代理人等は、行商をする場合において、取引の相手方から許可証または前項の行商従業者証の提示を求められたときは、これを提示しなければならない。

 

行商とは

行商とは、営業所を離れて取引を行う営業形態をいいます。また、一般公衆が往来する場所等に設けられた仮設の店舗を「露店」といい、露店を出すことも行商に含まれます。

古物市場での売買や自動車等の訪問セールスは、いずれも行商に当たります。

 

この規定は、古物商が特殊な営業形態である行商を行う場合には、固定した営業所における古物営業に比して、帳簿記載や確認等の義務も懈怠されがちであるため、適正な古物営業の実施を確保する観点から設けられたものです。

 

このページをご覧の方はこちらもチェックしております。

古物商許可申請の代行サポート

Translate »