古物商Q&Aについて

古物商Q&Aについて

許可申請に関するQ&A

Q1 電化製品店等が無償で古物を買い取り、これを修理等して販売する場合には、1号(古物商)営業の許可は必要?

Q2 古物営業法の規制を受ける金券類とは、どういうものをいいますか?

Q3 質屋には、1号営業の許可が必要ですか?

Q4 古物商が古物市場で古物を買取り、それを自分の営業所で販売する場合にも「古物の売却のみを行う営業」として古物営業法の規制対象から除外されるのでしょうか?

Q5 法第2条第2項第1号では「自己が売却した物品を当該売却の相手方から買い受けることのみを行う営業」は法の規制対象から除外されていますが、売却の相手方の先に第三者が介在した場合で、それぞれがよく知っている者同士であったときはどうなる?

Q6 ホームページ利用取引をする場合、URLを使用する権限を疎明する資料は、どのようなものを添付する?

Q7 古物商許可申請の際に、申請者の履歴書(略歴書)が必要な理由とは?

Q8 古物商が営業所以外で短期間臨時で販売のみを実施したい場合には、許可不要で販売できる?

Q9 ホームページ利用取引とは?

Q10 ホームページを開設せず、インターネットオークションのみを利用して買受けする場合には、どのような手続きが必要?

Q11 許可証の再交付

Q12 営業内容を変更する場合の提出すべき警察署

Q13 現在1号営業の許可を取得しているが、新たに他の古物を取り扱う場合の手続きについて

Q14 競り売りについて

Q15 行商について

Q16 標識の掲示等について

Q17 標識の様式、掲示方法について

Q18 「公衆の見やすい場所」とは?

 

古物営業に関するQ&A

Q19 古物営業の内容に変更があった場合

Q20 管理者の選任

Q21 相手方の確認等

Q22 取引の記録義務

Q23 行商の際の許可証の携帯

Q24 立ち入り等

Q25 営業の停止等

 

 

このページをご覧の方はこちらのページもチェックしています

・古物商許可申請サポートPRO

お問い合わせ方法

Translate »