市街化区域と市街化調整区域とは?

市街化区域と市街化調整区域とは?

都市計画区域というものが設定され、必要に応じて「市街化区域」と「市街化調整区域」に区分され、これを通常は「線引き」といいます。

大都市などで都市計画区域として政令に定めるものについては、この「線引き」が義務付けれられております。

しかし、その他の都市計画区域で「線引き」をするかどうかは都道府県の選択に委ねられており、静岡県内では線引きがされていない地域もございます。

 

市街化区域

市街化区域とは、都市計画法の定義として、

「すでに市街地を形成している区域およびおおむね10年以内に優先的にかつ計画的に市街化を図るべき区域」とされております。

全国の統計では、「線引き」された都市計画区域のうち「市街化区域」は約27.6%となります。

わかりやすく言いますと、東京23区や大阪市などの大都市圏は市街地であり、今後も市街地を図るべき土地といえるでしょう。

そのため、農地を守る必要性は薄く、農地の規制や手続きに関しても市街化調整区域に比べ比較的容易となります。

 

市街化調整区域

市街化調整区域とは反対に、「市街化を抑制する地域」です。

全国の統計では、「線引き」された都市計画区域のうち「市街化調整区域」は約72.4%となります。

イメージとしては、田舎の畑がある地域を想像して下さい。

この「市街化調整区域」は、今後も継続して農地を守っていく地域であるため、農地を農地以外の土地に変えることは原則できません。

一定の要件をクリアしている者でしか、農地以外にはできません。

(農家住宅として、農地を宅地に変える場合、分家として農地を宅地に変えるなど。)

 

そのため、市街化調整区域での農地転用手続きは、難易度が非常に高く事前調査、役所との協議が必須です。

もし仮に申請しても、要件を理解しておらず、許可が下りず、住宅等の計画だけが進んでしまいお金だけがかかり、結局家は建てられなかった・・・という悲惨な状況にもなりかねません。

まずは、専門家である行政書士に相談をすることをお勧めいたします。

 

対応地域

【中部】

静岡市(葵区・駿河区・清水区)

【東部】

富士市・富士宮市・沼津市・三島市・裾野市・御殿場市・駿東郡長泉町・駿東郡清水町

このページをご覧の方はこちらのページもチェックしています 

代表者プロフィール

お問い合わせ方法

Translate »