産業廃棄物処理の流れ(静岡県)

産業廃棄物処理の流れ(静岡県)

3つの工程

産業廃棄物処理は、①収集運搬、②中間処理、③最終処分の3つの工程からなります。

産業廃棄物は、排出場所から、適切に産業廃棄物を処分できる場所まで運搬する必要がございます。

この運搬と、産業廃棄物処理業者が産業廃棄物の収集に回ることを総称して収集運搬と呼ばれています。

収集運搬

収集運搬は、産業廃棄物の発生場所〜処理すべき施設との間で、車・船舶・鉄道等によって行います。

中間処理

産業廃棄物は、最終処分またはリサイクルしやすくするために、産業廃棄物の大きさを小さく(減容)したり、再利用できるものを取り分け(選別)たりすることが必要です。

産業廃棄物に対し、物理的・化学的なエネルギーを加えて、産業廃棄物の状態を変化させることを中間処理と呼びます。

中間処理の方法には、産業廃棄物の減容を主とした破砕・焼却、無害化を行う中和・溶融等の処理技術がございます。

なお、中間処理には、最終処分またはリサイクルのための前処理という重要な目的がございます。

中間処理をすることにより、産業廃棄物の全発生量の約半分が再利用可能な資源に生まれ変わっております。

最終処分

産業廃棄物の終着点は最終処分場になります。

最終処分場とは、産業廃棄物を埋める場所のことを指します。

この最終処分場の目的は、土の中の微生物等の働きにより、埋め立てた産業廃棄物を分解し、土に返すことです。

 

流れ

① 産業廃棄物の排出

産業廃棄物の種類はこちらを参照

② 収集運搬

産業廃棄物を排出させた場所から処分する場所へ運ぶ

③ 中間処理

大きな廃棄物は小さく、有害な廃棄物は無害化する

④ 収集運搬

中間処理場で処分しきれないものを最終処分場へ運ぶ

⑤ 最終処分場

生活や自然を損なわないように自然界に戻す

 

対応地域

静岡県・東京都・神奈川県・山梨県・愛知県 相談・出張無料です!

【中部】 静岡市(葵区・駿河区・清水区)・藤枝市・焼津市・吉田町・島田市・牧之原市・川根本町

【東部】 富士市・富士宮市・沼津市・三島市・裾野市・御殿場市・駿東郡長泉町・駿東郡清水町・駿東郡小山町・熱海市・伊東市・伊豆市・伊豆の国市・東伊豆町・南伊豆町・西伊豆町・松崎町・河津町・下田市

【西部】 浜松市(中区・東区・西区・南区・北区・浜北区・天竜区)・磐田市・袋井市・掛川市・菊川市・御前崎市・湖西市・森町  

このページをご覧の方はこちらのページもチェックしています

代表者プロフィール

お問い合わせ方法

Translate »