収集運搬に使われる容器(静岡県)

収集運搬に使われる容器(静岡県)

産業廃棄物の収集運搬容器としては、ドラム缶が最もよく利用されています。

その他、フレキシブル・コンテナも価格が比較的安価のため使い捨ての運搬容器としてよく利用されています。

廃棄物専用コンテナは、建設現場等を中心に広く利用されています。

産業廃棄物の性状によっては、専用の運搬容器を使用して運搬されるケースがございます。

液状のものは、液体専用の運搬車両でない限りは、運搬容器に入れて運搬されます。

なお、感染性廃棄物は、感染性廃棄物専用の容器で運搬されます。

ドラム缶

運搬容器としてはドラム缶が最もよく利用されています。

ドラム缶は、液状から固形の産業廃棄物まで広く対応ができ、安価に入手が可能なので多く利用されています。

がれき類等の塊が大きいものや、感染性廃棄物を除いて、ほぼ産業廃棄物はドラム缶で保管することが可能です。

ただし、廃酸や廃アルカリといった、腐食性のある産業廃棄物を運搬する場合には、一般的な鋼製のドラム缶ではなく、プラスチックドラム等の耐食性に優れた特別なドラム缶を用意する必要がございます。

少量の液体を運搬する場合

廃油などの場合には、石油缶。

廃酸や廃アルカリ等の場合には腐食しないプラスチック容器が利用されます。

石油缶とプラスチック容器の容量は、多くても20ℓ程度ですので、人手を介して少量の産業廃棄物を運搬するのに適しています。

ドラム缶のメリット

ドラム缶を利用することにより、積み下ろしが容易になります。

ドラム缶のデメリット

保管が長期間に及ぶ場合には、産業廃棄物の性状が変化していたとしても、外部から発見しにくい。

コンテナ

フレキシブル・コンテナ

布等の比較的柔らかい材料で作られた袋状のフレキシブル・コンテナも、安価のため使い捨ての容器として多く利用されています。

廃棄物専用コンテナ

コンテナ専用車両で運搬するための廃棄物専用コンテナは、建設現場等を中心に広く利用さています。

コンテナのメリット

コンテナを利用すれば、衛生的かつ効率的な廃棄物の収集運搬が可能となるため、がれき類や廃プラスチック等の腐食しない産業廃棄物を一定期間保管して運び出す場合に非常に便利です。

コンテナのデメリット

コンテナを置くためには一定の設置場所を確保する必要がございます。

感染性廃棄物を運搬する場合

あらかじめ感染性廃棄物の発生場所で感染性廃棄物専用の保管容器に密閉します。

その容器には、感染性廃棄物であることを一目でわかるように表示する必要がございます。

保管容器の再使用は厳禁

感染性廃棄物の保管容器は、そのまま焼却施設・溶融施設に投入されるため、ドラム缶などの場合とは異なり、再使用されることはございません。

産業廃棄物と運搬容器の組み合わせ例

種類ドラム缶

プラスチックドラム

プラスチック容器

石油缶

フレキシブルコンテナ

大型コンテナ

感染性廃棄物容器

燃え殻    
汚泥    
廃油     
廃酸     
廃アルカリ     
廃プラスチック類    
紙くず    
木くず    
繊維くず    
動植物性残さ    
ゴムくず    
金属くず     
ガラスくず等    
鉱さい     
がれき類    
ばいじん    
感染性廃棄物      
Translate »