国際結婚・配偶者ビザ申請サポートPRO静岡県

国際結婚・配偶者ビザ申請サポートPRO静岡県

 

新サイトは下記となります

こちらをクリックして下さい

 

 

 

「日本人の配偶者等」のビザ申請が失敗すると夫婦なのに日本で一緒に住む事ができなくなってしまいます。YOURS行政書士事務所に依頼して本当に良かった。 

橋本様、Maria様(ロシア出身)

日本人の配偶者ビザが無事許可されて日本で幸せに生活ができています。

妻も日本に慣れ始め、少しずつではありますが進展していることを実感しています。

佐野さんの迅速かつ丁重なご対応に改めて感謝申し上げます。

今後とも末永いお付き合いの程、宜しくお願い致します。

あとがき

 近年、偽装結婚が横行する中で国際結婚に対する入国管理局の審査は非常に厳しく、入管法を知らない方が入国管理局へビザ申請を行うことは非常にハードルが高くなっているものと感じております。

 そこで、橋本様は経験豊富な行政書士に相談しようとインターネットで検索した事がキッカケで、当事務所にご相談を頂きました。

 ご依頼者様と直接ヒアリングをさせて頂く中で、橋本様の奥様への深い愛情を感じ、当事務所としても全力でサポートさせて頂くことをお約束致しました。結果、無事「日本人の配偶者等」ビザが許可され大変嬉しく思います。

 改めまして、御結婚おめでとうございます

お二人の人生最良の門出を心からお喜び申し上げます

YOURS行政書士事務所 代表 佐野哲郎

料金のご案内

※上記報酬額に、消費税およびその他実費は加算されます

 

ご依頼の流れ

 

090−8075−8292

Mail:st-row@smail.plala.or.jp

WeChat ID 「te2-visa」

LINE ID 「te2-visa」(推奨)

LINEからお問い合わせ頂く場合、素早い返信が可能です。

YOURS行政書士事務所 代表 佐野

(immigration lawyer SANO)

facebook

facebookページはこちらをクリック

国際結婚には結婚ビザが必要になります。

外国人の方でも日本で結婚すれば自動的に日本で暮らすことができるとお考えの方も多いかもしれません。

これはよくある誤解なのですが、実際には在留資格(ビザ)を持っていなければ日本で暮らしていくことはできません。

外国人の方が結婚した場合や、それらに関連する在留資格として下記のものがございます。

分類 内容
日本人の配偶者等

日本人と外国人が結婚した場合

日本人の実子を呼び寄せる場合

永住者の配偶者等 外国人の永住者と外国人が結婚した場合
家族滞在 外国にいる家族(配偶者・子)を日本へ連れてくる場合

 

入国管理局へ説明・立証しなければなりません。

外国人と日本で国際結婚した場合には、「結婚している」という事実だけではなく、配偶者等と実際に同居・扶養し、社会通念上の夫婦として共同生活を営んでいることを入国管理局に説明・立証する必要がございます。

しかしながら、残念なことに現在の国際結婚は「偽装結婚」が非常に多いためにその説明・立証は簡単ではありません。

このような実情があるため、真正な結婚だとしても入国管理局への説明・立証が不十分で不許可になり、配偶者とは日本と海外で別々に暮らさなければならない方もいらっしゃいます。

そのならないためにも、申請取次行政書士に相談・依頼をすることをオススメします。

就労制限がございません。

日本人の配偶者等・永住者の配偶者等は就労ビザとは違い、就労制限がございません。どんな仕事にも就くことが可能です。

しかし、「家族滞在」は就労が認められておりませんので、「資格外活動許可」を取得する必要がございます。

なお、家族滞在ビザの活動範囲は配偶者または子供として行う日常的な活動のみ認められています。日常的な活動とは、教育機関において教育を受ける活動を含みますので、本国から子を日本へ連れてきて日本語学校へ通わせることもできますが、収入を伴う事業を運営したり、報酬を受ける活動をすることはできませんので注意が必要です。

 

配偶者ビザを取得するために必要な許可申請

在留資格を得て日本に招聘するためには、入国管理局に在留資格認定証明書交付申請を行い交付通知を受ける必要がございます。

または、現在の在留資格を変更して配偶者ビザに変更する必要がございます。

 

こんな事で悩んでいませんか?

・どんな書類を用意していいか分からない・・・

・時間を作って入国管理局に行く時間がない・・・

・過去に自分で申請して不許可になったことがある・・・

ビザ申請のプロが全て解決します!

・お客様が入国管理局に出頭する必要がなくなります!

・申請の手続きを素早く・効率よく受けることができる!

・許可に必要な立証資料の準備

・お客様に合わせた効果的な理由書の作成

YOURSが選ばれる理由

  • 1. 8時〜22時まで年中無休で営業中!
  • 2. お忙しいお客様のため、出張相談無料!
  • 3. 申請時に、わざわざお客様が入管へ出向く必要はございません!
  • 4. 許可が出るまで無料で再申請可能!

※(注)法律上の要件を満たしている場合または法律違反がない場合に限ります。

FAQ

申請取次行政書士とは?

依頼するメリット

初回の相談は料金がかかりますか?

料金支払いのタイミングは?

対応地域

【中部】 静岡市(葵区・駿河区・清水区)・藤枝市・焼津市・吉田町・島田市・牧之原市・川根本町

【東部】 富士市・富士宮市・沼津市・三島市・裾野市・御殿場市・駿東郡長泉町・駿東郡清水町・駿東郡小山町・熱海市・伊東市・伊豆市・伊豆の国市・東伊豆町・南伊豆町・西伊豆町・松崎町・河津町・下田市

【西部】 浜松市(中区・東区・西区・南区・北区・浜北区・天竜区)・磐田市・袋井市・掛川市・菊川市・御前崎市・湖西市・森町

このページをご覧の方はこちらのページもチェックしています

ご依頼の流れ

代表者プロフィール

Translate »