就労資格(技能、技術・人文知識・国際業務等)・家族滞在から永住許可申請

就労資格(技能、技術・人文知識・国際業務等)・家族滞在から永住許可申請

sr_kv5sano.merit_5facebook

facebookページはこちらをクリック

お問い合わせ先

090−8075−8292

WeChat ID 「te2-visa」

LINE ID 「te2-visa」(推奨)

LINEからお問い合わせ頂く場合、素早い返信が可能です。

YOURS行政書士事務所 代表 佐野

(immigration lawyer SANO)

1. 素行が善良であること

法律を遵守し日常生活においても住民として社会的に非難されることのない生活を営んでいること。

2. 独立生計を営むに足りる資産又は技能を有すること

日常生活において公共の負担とならず、その有する資産又は技能等から見て将来において安定した生活が見込まれていること。

3. その者の永住が日本国の利益に合すると認められること

① 原則として引き続き10年以上本邦に在留していること。この期間のうち、就労資格又は居住資格を有して引き続き5年以上在留していることを要する。

② 罰金刑・懲役刑等を受けていないこと。

③ 納税義務等の公的義務を履行していること。

④ 現在取得している在留資格について、出入国管理と難民認定法施行規則別表第2に規定されている最長の在留期間をもって在留していること。

⑤ 公衆衛生上の観点から有害となるおそれがないこと。

 

必要書類一覧

就労資格(技能、技術・人文知識・国際業務等)から永住許可申請する場合

家族滞在から永住許可申請する場合

 

扶養する者が「永住者」となった場合(家族滞在)の在留資格

就労資格で在留している者(夫)が「永住者」となった場合、扶養している妻が「家族滞在」で在留しているケース

①永住者の「妻」になった「家族滞在」者→「永住者の配偶者等」に在留資格を変更許可申請

②永住者の「子」になった「家族滞在」者→「定住者(6号)」に在留資格を変更許可申請

なお、変更許可申請のタイミングは、永住許可を取得した直後または次回の家族滞在の在留期間更新のタイミングのどちらかで行えば良い。

 

ご依頼の流れ

STEP1 お問い合わせ

まずは0120−914−827にお問い合わせください!(8時〜22時まで年中無休で対応)

メールでのお問い合わせはこちら(24時間受付中)

ご相談は無料ですのでお気軽にお問い合わせください。

STEP2 面談による内容の確認

当事務所またはお客様のご希望の場所への訪問にて面談致します。

出張ももちろん無料となっております。

STEP3 お見積書のお渡し

ヒアリングをもとにお見積書を作成いたします。ご確認頂き、正式にご依頼頂くかご検討ください。

もちろんお断り頂くことも可能です。

STEP4 ご契約

着手金(報酬額の半額)を前払いにて弊所指定口座へお振込み頂きます。

不許可の場合には全額返金いたします。

STEP5 申請の準備

入国管理局へ申請するための書類の準備・作成を行います。

お客様にとって最善の準備をさせて頂きます。

STEP 6 入国管理局へ申請

必要箇所にお客様の署名を頂きます。

なお、手続き内容により入国管理局の標準処理期間が異なります。

在留資格認定証明書の取得はおおむね1ヶ月〜4ヶ月、変更・更新は3週間〜2ヶ月ほどかかります。

STEP7 許可

おめでとうございます!許可取得でございます。

許可を取得されましたら報酬の残額のお支払いをお願いいたします。

万が一、追加資料の提出・再申請が必要な場合は無料で行います。

また、再申請が不可能な場合は全額返金いたします。

facebook

facebookページはこちらをクリック

対応地域

【中部】 静岡市(葵区・駿河区・清水区)・藤枝市・焼津市・吉田町・島田市・牧之原市・川根本町

【東部】 富士市・富士宮市・沼津市・三島市・裾野市・御殿場市・駿東郡長泉町・駿東郡清水町・駿東郡小山町・熱海市・伊東市・伊豆市・伊豆の国市・東伊豆町・南伊豆町・西伊豆町・松崎町・河津町・下田市

【西部】 浜松市(中区・東区・西区・南区・北区・浜北区・天竜区)・磐田市・袋井市・掛川市・菊川市・御前崎市・湖西市・森町

Translate »