フィリピン人短期滞在の必要書類(親族訪問)

フィリピン人短期滞在の必要書類(親族訪問)

渡航目的

配偶者、血族および姻族(3親等内)の訪問

フィリピンにいるVISA申請人が準備するもの

  • 旅券
  • VISA(査証)申請書
  • 顔写真
  • 出生証明書(注意1)
  • 申請者と日本の親族との関係が三親等以内であることを証明することができる関係者の出生証明書も含まれます。

例)日本在留中のフィリピン国籍である妻が、その弟を招へいする場合には、弟の出生証明書および妻の出生証明書の2通が必要となります。

⑤婚姻証明書(既婚者のみ 注意2)

⑥公的機関が発給する申請人又はその扶養者の所得証明書または預金通帳および納税証明書

 

日本側で準備するもの

  • 招へい理由書(VISA申請人が複数いる場合には、申請人名簿を添付)
  • 招へい理由に関する資料(診断書、母子手帳写し等)
  • 滞在予定表
  • 招へい経緯書(日本語で記載:様式任意)
  • 戸籍謄本(招へい人又は配偶者が日本人の場合)
  • 住民票(世帯全員の続柄記載)
  • 在留カードの写し(表裏)※招へい人または身元保証人が外国人の場合
  • パスポートの写し(身分事項および出入国・在留許可関係のページ)※招へい人または身元保証人が外国人の場合

 

日本側(招へい人)が渡航費用の一部または全部を負担する場合に準備するもの

  • 身元保証書
  • 勤務先の在職証明書
  • 身元保証人に係わる次の書類のいずれか1点
  • 所得証明書または課税証明書(直近1年分)
  • 預金残高証明書
  • 確定申告書(控)の写し(税務署受理印があるもの)

 

各提出書類は発行後3ヶ月以内(有効期間の記載がある書類は有効期間内)のものを提出

 

親族訪問で招へい人または配偶者が日本人の場合のみ、本籍地の市町村長が発行した戸籍謄本または全部事項証明書の原本を提出。

その他の目的(知人・友人)の場合には、「写真」「手紙」「e-mail」「国際電話通話明細書」等、申請者と招へい人の関係が分かる書類を提出する必要がございます。

 

(注意1)出生証明書はNSO(国家統計局本部)発行のSecurity paperを使用した謄本を提出しなければなりません。文字が潰れて読めない場合や、端が切れて情報が確認できない場合は、市町村役場発行の出生証明書を一緒に提出する必要があります。

また、出生届が遅延登録の方は、別途「洗礼証明書」、「学校成績表(小学校または高校)」、「卒業アルバム」を一緒に提出する必要がございます。

 

(注意2)出生証明書はNSO(国家統計局本部)発行のSecurity paperを使用した謄本を提出しなければなりません。

 

料金

申請内容 料金(税別) 印紙代
短期滞在(親族訪問等) 20,000円

※上記報酬額に、消費税およびその他実費は加算されます

 

手順

そのため、短期滞在ビザを発給してもらうには、日本で作成した書類を、入国したい外国人のいる現地の日本大使館・領事館で手続きをする必要がございます。

実務的には、日本で作成した書類・資料等を外国にいる者へ送り、本人が現地の日本大使館・領事館で手続きをすることとなります。

短期滞在ビザは不許可となってしまった場合、再申請をするためには6ヶ月の期間を経過していなければなりません。

ご自身で書類を作成される場合には、短期滞在ビザ申請が不許可とならないように、明確で適切な書類を作成することを心がけた方が良いでしょう。

詳しい手続の流れはこちらを参照

こんな事で悩んでいませんか?

・どんな書類を用意していいか分からない・・・

・過去に自分で申請して不許可になったことがある・・・

ビザ申請のプロが全て解決します!

・申請の手続きを素早く・効率よく受けることができる!

・許可に必要な立証資料の準備

・お客様に合わせた効果的な理由書の作成

 

ご依頼の流れ

STEP1 お問い合わせ

まずは0120−914−827にお問い合わせください!(8時〜22時まで年中無休で対応)

メールでのお問い合わせはこちら(24時間受付中)

ご相談は無料ですのでお気軽にお問い合わせください。

STEP2 電話による内容の確認

電話にてヒアリングを行います。お客様に合った最適な書類を作成するため、細かいお打ち合わせを行います。

STEP3 ご契約

報酬額を前払いにて弊所指定口座へお振込み頂きます。

不許可の場合には全額返金いたします。

STEP5 申請の準備

日本大使館へ申請するための書類の準備・作成を行います。

お客様にとって最善の準備をさせて頂きます。

STEP 6 お客様へ書類の発送

日本側で準備する書類を発送させて頂きます。

本国のビザ申請人に送ってください。

STEP7 許可

短期滞在ビザは「15日」「30日」「90日」となります。

 

必要書類

・親族訪問

・知人訪問、観光

・短期商用等

・フィリピン人親が日本人との間の実子を同伴して渡航する場合の必要書類

 

対応地域

全国対応

北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、富山県、石川県、福井県、山梨県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県

【中部】 静岡市(葵区・駿河区・清水区)・藤枝市・焼津市・吉田町・島田市・牧之原市・川根本町

【東部】 富士市・富士宮市・沼津市・三島市・裾野市・御殿場市・駿東郡長泉町・駿東郡清水町・駿東郡小山町・熱海市・伊東市・伊豆市・伊豆の国市・東伊豆町・南伊豆町・西伊豆町・松崎町・河津町・下田市

【西部】 浜松市(中区・東区・西区・南区・北区・浜北区・天竜区)・磐田市・袋井市・掛川市・菊川市・御前崎市・湖西市・森町

このページをご覧の方はこちらのページもチェックしています

お問い合わせ

代表者プロフィール

Translate »