短期滞在必要書類(親族・知人訪問)

短期滞在必要書類(親族・知人訪問)

中国側で用意する書類

①ビザ(査証)申請書

②写真(6ヶ月以内に撮影したもの)

③パスポート(旅券)

④戸口簿写し

⑤住居証または居住証明書

 ※申請先の日本大使館/総領事館の管轄区域内に本籍を有しない場合

⑥在日親族または知人との関係を証する書類(写し及び原本の提示)

例)親族の場合

・親族関係証明書

・出生医学証明書等

※親子兄弟等を証する書類には有効期限はありませんが、婚姻関係は発行後3ヶ月以内のもの)

例)知人の場合

・写真、手紙等

身元保証人が日本側で用意する書類

①身元保証書(短期滞在用)

②住民票(世帯全員分で続柄記載のもの)

③勤務先の在職証明書

・会社経営者は、法人登記簿謄本

・個人事業主の場合は、営業許可証の写し又は確定申告書(控)の写し

なお、これらを提出できない場合には、その理由を説明する理由書添付(様式任意)

④住民税の課税証明書(直近1年分)

⑤住民税の納税証明書(直近1年分)

⑥在留カード(表裏の写し)※外国人の場合のみ

招へい人が日本側で用意する書類

①招へい理由書(VISA申請人が複数いる場合は、申請人名簿を添付)

②滞在予定表

③住民票(世帯全員分で続柄記載のもの)

④勤務先の在職証明書または在学証明書

・会社経営者は、法人登記簿謄本

・個人事業主の場合は、営業許可証の写し又は確定申告書(控)の写し

なお、これらを提出できない場合には、その理由を説明する理由書添付(様式任意)

⑤在留カード(表裏の写し)※外国人の場合のみ

⑥招へい経緯書(日本語で記載:様式任意)

⑦渡航目的を裏付ける資料 ※ある場合のみ

例)診断書、結婚式場の予約表等

なお、身元保証人と招へい人が同一の方である場合には、招へい人が用意する書類の③、④、⑤は添付不要です。

また、身元保証人と招へい人が同一世帯である場合には、招へい人が用意する書類の③は添付不要です。

 

身元保証人が日本側で用意する書類について

身元保証人は、日本人のほか、原則として次のいずれかの在留資格・地位を有し、かつ、在留期間が「3年」以上を許可されて、現在日本に在留中の外国人の方がなることができます。

ただし、「外交」「公用」「永住者」「日本人の配偶者等」「永住者の配偶者等」「定住者」「特定活動」の在留資格または「特別永住者」の地位で在留中の方であっても「被扶養者」である方は除きます。

招へい人が在留資格「留学」により現に本邦に在留中の方で、三親等内の親族を招へいするにあたって、当該留学先における常勤の教授または准教授がVISA申請人の身元を保証する場合には、「身元保証人が日本側で用意する書類」として、当該教授または准教授の「身元保証書」および「在職証明書」(職名明記)の提出で差し支えありません。

また、招へい人が日本国の国費留学生として在留中に、親族を招へいする場合には「身元保証書」を含め「身元保証人が日本側で用意する書類」は必要ありません。

 

招へい人が日本側で用意する書類について

招へい人が日本国の国費留学生の方であって、親族を招へいする場合には「招へい人が日本側で用意する書類」として「招へい理由書」「滞在予定表」「住民票」「在留カード(表裏の写し)」および「渡航目的を裏付ける資料」に加え、「国費外国人留学生証明書」「奨学金受給証明書」または「入学許可証」(国費留学生としての身分、奨学金支給期間、奨学金金額、大学における所属先、在留資格が記載されているもの)のうち、いずれかの書類を提出する必要があります。

 

渡航目的の裏付資料について

在日親族の出産介護の場合

出産予定日が記載されている医師の診断書(母子手帳の写しのみでは不可)

在日親族の病気介護の場合

医師の診断書を添付

在日親族の結婚式参加の場合

結婚式の予約証明書を添付

日本国内旅行の場合

旅行先に関する資料を添付

その他

招へい人やその家族等と、VISA申請人との関係を裏付ける資料(メール、国際電話通話明細書、一緒に写っている写真、招へい人となっていない関係者の在留カードの写し)があれば添付。

 

料金

申請内容 料金(税別) 印紙代
短期滞在(親族訪問等) 20,000円

※上記報酬額に、消費税およびその他実費は加算されます。

 

ご依頼の流れ

STEP1 お問い合わせ

まずは0120−914−827にお問い合わせください!(8時〜22時まで年中無休で対応)

メールでのお問い合わせはこちら(24時間受付中)

ご相談は無料ですのでお気軽にお問い合わせください。

STEP2 電話による内容の確認

電話にてヒアリングを行います。お客様に合った最適な書類を作成するため、細かいお打ち合わせを行います。

STEP3 ご契約

報酬額を前払いにて弊所指定口座へお振込み頂きます。

不許可の場合には全額返金いたします。

STEP5 申請の準備

日本大使館へ申請するための書類の準備・作成を行います。

お客様にとって最善の準備をさせて頂きます。

STEP 6 お客様へ書類の発送

日本側で準備する書類を発送させて頂きます。

本国のビザ申請人に送ってください。

STEP7 許可

短期滞在ビザは「15日」「30日」「90日」となります。

 

対応地域

全国対応

北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、富山県、石川県、福井県、山梨県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県

【中部】 静岡市(葵区・駿河区・清水区)・藤枝市・焼津市・吉田町・島田市・牧之原市・川根本町

【東部】 富士市・富士宮市・沼津市・三島市・裾野市・御殿場市・駿東郡長泉町・駿東郡清水町・駿東郡小山町・熱海市・伊東市・伊豆市・伊豆の国市・東伊豆町・南伊豆町・西伊豆町・松崎町・河津町・下田市

【西部】 浜松市(中区・東区・西区・南区・北区・浜北区・天竜区)・磐田市・袋井市・掛川市・菊川市・御前崎市・湖西市・森町

 

このページをご覧の方はこちらのページもチェックしています

お問い合わせ

代表者プロフィール

Translate »